多汗症手術カテゴリの記事一覧

多汗症手術、クリップ法のメリットデメリット

手のひらの多汗症治療に、多汗症手術のクリップ法というものがあります。
この多汗症手術クリップ法は、クリップで胸部の交感神経を挟むことで交感神経の働きを抑え、手のひらの発汗を抑えるという多汗症手術です。


多汗症手術クリップ法のメリットは、反射性発汗(掌の発汗を抑えた代わりに身体の他の部位に多量の発汗が起こる副作用)がひどい場合に、クリップを再度外すことにより、手術前の状態、つまり反射性発汗がない状態に戻すことができるという点です。


しかし、そうは言ってもクリップを外す手術というのは難易度が高いもので、場合によってはクリップを外す手術自体が不可能になることもあるそうです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。