精神性多汗症なら、まずは精神療法を

多汗症に一番多いと言われているのが、精神性多汗症。ストレスや緊張、不安などの精神的な問題が原因となって起こる多汗症のことです。

多汗症の治療法は、薬や手術など様々ありますが、精神性多汗症であれば、まず考えられる多汗症治療法は、精神療法です。


精神療法では、カウンセリングが主になってきます。
薬や手術をせずに多汗症の治療が可能なのかと思われるかもしれませんが、多汗症治療において一番大切なのは、その多汗症の原因となっているものを取り除くこと。
精神性多汗症であれば、精神療法はかなり期待のできる多汗症治療法と言えます。


ただし、精神療法での多汗症治療を行う場合、時間がかかることは覚悟しなければなりません。

そして、誰もが必ず効果が得られるという治療法ではないということも、理解しておく必要があります。


しかし、多汗症の治療で闇雲に薬や手術に手を出すくらいなら、その前に精神療法を受けてみるべきです。
精神療法であれば、薬のような服作用や手術のような傷後の心配もありません。実際に精神療法のみで、多汗症が完治した例もあるのです。


精神性の多汗症であれば、まずは精神療法を。その他の多汗症治療法は、その後で考えても遅くはないと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61250571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。