多汗症手術、クリップ法のメリットデメリット

手のひらの多汗症治療に、多汗症手術のクリップ法というものがあります。
この多汗症手術クリップ法は、クリップで胸部の交感神経を挟むことで交感神経の働きを抑え、手のひらの発汗を抑えるという多汗症手術です。


多汗症手術クリップ法のメリットは、反射性発汗(掌の発汗を抑えた代わりに身体の他の部位に多量の発汗が起こる副作用)がひどい場合に、クリップを再度外すことにより、手術前の状態、つまり反射性発汗がない状態に戻すことができるという点です。


しかし、そうは言ってもクリップを外す手術というのは難易度が高いもので、場合によってはクリップを外す手術自体が不可能になることもあるそうです。

つまり、いつでも元に戻せるという感覚で、多汗症手術クリップ法を受けるのは、多少危険な考え方と言えます。


また、多汗症手術クリップ法は、元々クリップで交感神経を挟んでいるだけの状態なので、多汗症の症状が必ずしも目に見えて改善するとは限りません。
場合によっては、多汗症手術を受けたのに、全く効果がないということもあり得るのです。


重症になると、日常生活すら困難になる手のひらの多汗症。
その多汗症の悩みから解放されたい気持ちは分かりますが、どんな多汗症治療法にするにしろ、しっかりとそのメリットデメリットを踏まえたうえで、多汗症の治療に臨みたいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。